すべては無意識とともに

大阪でFAPによるトラウマ治療・心理カウンセリングを提供しているカウンセラー神野ゆきえのブログ。トラウマから回復していくと人はどれだけ自由になれるのか、FAPはどんな効果を人にもたらすか、臨床の中で得られた知見などについて綴っています。

タグ:禅

こんにちは。
大阪で大嶋信頼氏開発のFAP療法によるカウンセリング&無意識と繋がるメソッド「心にきく」を提供しているカウンセラー神野ゆきえです。


OSHO ZEN TAROTを使って心と対話することを繰り返しています。
心も「そうするといいよ」と言ってくれているし、何より私自身がしていて楽しいのでいろんな質問を作ってはカードと心に投げかけています。


面白いのは、直感でカードを読もうとしていた時は書いてある文字や解説書、絵柄に振り回されて表面的なことしか読めなかったのが、「心にきく」を使ってメッセージを読むとすごく深い答えが返ってくること。


私の場合は、カードと「心にきく」をPPAPすると相乗効果が出るようです♪


ふと気づいたんですが、自分自身のことをあまり深く掘り下げたことがなかったな〜と思ってきいてみることにしました。


今日は「私がすること」について。
質問を設定して、心にカードを通じて教えてちょうだいね!とお願いします。
心から返答があるか、邪魔がないかを確認するのは通常の「心にきく」と同じです。


心よ、私は何をする人なんだろう?
カードを一枚引きます。どのカードを引くかを心にきくことも、場合によってはします。


出たカードはこちら。


ー心の声を意識に伝える人。


伝えたらどうなるの?
意識に伝わった心の声は、人の肉体を通じて世界に向けて表現されます。それはたくさんの循環を生む。


循環を生むのがいいことなの?
いい・悪いというよりも、それが自然なことだから。人が元の姿に戻ると、あとは流れるように動いていく。ただただあるがままに流転するだけ。それがハーモニー、調和。


イルカが気になるんだけど、これについて何か意味があるの?
ー心の声は、軽やかに無理強いすることなく意識に入っていきます。だから人も受け入れやすい。イルカのように楽しく
軽やかに、自然に。


心の声を意識に伝えることは、自分に対してだけしていればいい?
ーいいえ。たくさんいろんな人にやっていこう。たくさんの人の心を意識に繋ぐ。


それって本当の私の気持ち?
ーそうだよ!


ありがとう!心よ。


このカードはすごく不思議で、もうぴったり!としかいいようがないカードをいつも出してくれます。
無意識さんと相性がいいのかな…仏教・禅のエッセンスが盛り込まれているし…


こんな風に、無意識リーディングセッションでは自分を知るためのいくつかの質問に対してカードと心からアドバイスをもらい、自分自身に対して理解を深めていきます。


心からの答えに対して、自分の中からやってきたものなのに「へぇ〜知らなかった!」と思うこともしばしば…


今回もびっくりするぐらいバッチリなカードが出て心の答えも面白くって、楽しかったです。



ご提供中のメニュー一覧
心にきく個人カウンセリング→http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/9000838.html

スパルタバージョン心にきくマンツーマンレッスン→http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/15834259.html

無意識リーディングセッション→http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/19525529.html

※お申し込みくださいました方にはumarijima@gmail.comよりご案内メールを差し上げております。
お申し込み後に案内メールが24時間以内に送られてこない場合は、迷惑メールボックスをご確認ください。それでも届いてない場合は、お手数ですが上記のアドレス宛にご連絡いただきますよう、お願い致します。 
また、「心にきく」に関する疑問・質問がございましたら上記メールアドレスまでお送りくださいませ。ただし、ブログに内容を掲載いたしますので、その旨ご了承いただきますようお願いいたします。(個人を特定できないように編集させていただきます。)


ホームページはこちらから→http://cocoro-with.strikingly.com
※個人カウンセリングについてのご案内をしています。

LINEブログはこちらから→http://lineblog.me/ladolcevita
こちらでもブログを書いています。


Facebookはこちらから→https://www.facebook.com/yukie.jinno.7
※友達申請はお気軽にどうぞ




ぽちっとよろしくお願いします♡


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

こんにちは。
大阪で大嶋信頼氏開発のFAP療法によるカウンセリング&無意識と繋がるメソッド「心にきく」を提供しているカウンセラー神野ゆきえです。


このたび新しく始めた「無意識リーディングセッション」。(※現在は実施していません、悪しからず)
このセッションで使う「OSHO ZEN TAROT」ですが、全然触らない時期もありつつなんやかやで10年来の相棒になります。


天使や妖精、女神などいろいろなオラクルカードを揃えていたこともありましたが、「心にきく」をやり始めてからは必要性がなくなり、ことごとく手放してしまいました。


このカードも同じように断捨離したんですが(欲しい人に譲ってしまった)、また最近になって手元に置いときたいなぁ〜という欲求が湧いてきました。


もともとこのカードは「心にきく」をしていなかった時でもすごく相性が良くて、私がききたいことに対してバシっと本質を突く答えを教えてくれるので、大好きで困った時はよく使っていました。


絵柄も神秘的で、見ているだけで無意識世界に引き込まれそうになるんです。
「心にきく」を始めてからは、カードを引いてそれについて心にきいてみるという練習をしていたんですが、私の場合はただ心にきくよりもこれを介在させたほうがより深いメッセージがもらえるので、重宝していました。


ただ、私自身スピリチュアル系はもういいかな〜という気持ちになっちゃったので、手放しちゃったんですが…


なんかやっぱり好きなものと一緒にいたい!という気持ちが高ぶってきまして…
自分らしく楽しく仕事するために、もっと自分の好きなものに対して素直になってもいいんじゃないか!という思いが湧いて、また手元に置くことになりました。


というわけで、2代目のカードです。


1代目がけっこう使い込んじゃってましたから、新しいもので心機一転するいい機会になりました。


不思議と他のオラクルカードと呼ばれるものにはあまり興味をそそられず…
そのせいか手元にある時も、あまり使いこなせてなかった気もします。


さて、せっかく私のところに来てくれたので、ご挨拶がわりにカードに質問をしてみます。
解説書を読まず直感や思考も使わず、すべて心にきいてカードを読み解いていきます。


今の私に伝えたいことは?
引いたカードはこちら。



「鎧を脱いだらいい。あなたにはもう必要がない。戦うべき相手・状況だと思っていたものはただのイリュージョンにしかすぎないのだから。」

ー心よ、鎧を脱いだらどうなるの?
「もっと人生が楽しくなってくるよ。この世界の美しさを、その身で感じることができるようになる。」


ー心よ、どうやって鎧を脱いだらいいの?
「心の声をきいたらいい。それに従えばいい。」


いや〜調子がいいです!
このカードはやっぱり私にはすごくぴったり合ってます。


また、メッセージを伝えてくれるのが心なのでその内容も信頼できるのが大きいですね。
チャネリングや直感だと、正直なところどこと繋がってるやらわかりませんので…


なんだかエンジンがかかった気がしますよ。
もっと「心にきく」と「OSHO ZEN TAROT」を楽しんでいこうと思います。



ご提供中のメニュー一覧
心にきく個人カウンセリング→こちらから

スパルタバージョン心にきくためのマンツーマンレッスン→こちらから

無意識リーディングセッション→こちらから


※お申し込みくださいました方にはumarijima@gmail.comよりご案内メールを差し上げております。
お申し込み後に案内メールが24時間以内に送られてこない場合は、迷惑メールボックスをご確認ください。それでも届いてない場合は、お手数ですが上記のアドレス宛にご連絡いただきますよう、お願い致します。 
また、「心にきく」に関する疑問・質問がございましたら上記メールアドレスまでお送りくださいませ。ただし、ブログに内容を掲載いたしますので、その旨ご了承いただきますようお願いいたします。(個人を特定できないように編集させていただきます。)


ホームページはこちらから→http://cocoro-with.strikingly.com
※個人カウンセリングについてのご案内をしています。

LINEブログはこちらから→http://lineblog.me/ladolcevita
こちらでもブログを書いています。


Facebookはこちらから→https://www.facebook.com/yukie.jinno.7
※友達申請はお気軽にどうぞ




ぽちっとよろしくお願いします♡


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

このページのトップヘ