すべては無意識とともに

私たちを常に助けてくれる無意識と対話ができる心理学メソッド「心にきく」を自ら実践しつつ、それを利用した心理カウンセリングを行っています。

カテゴリ: コラム

こんにちは。
大阪でFAP療法によるカウンセリングを提供しているカウンセラー神野ゆきえです。


トラウマを知るシリーズ第4段は、「日常生活で感じるトラウマの影響」です。
自分の性格や考え方が悪いから、と思っていたことが実はトラウマのせいだったということがあります。
もし当てはまる項目があれば、知らず知らずのうちにトラウマを負い、それに苛まれているのかもしれません。


トラウマの影響


人間関係

・空気が読めない。

・落ち着いて人と話ができない。

・人と一緒にいたいのに、緊張してしまうから一緒にいられない。

・自分らしくいられない。

・人に対して偉そうな態度を取ったりあるいは道化を演じて自分を低く見せてしまう。

・自分の意見が言えない。

・自分を出せない。

・感情的になって人間関係を壊してしまう。

・人から馬鹿にされたりからかわれやすい。

・いじめられた経験がある。


仕事関係

・緊張して人前でうまく話すことができない。(会議・商談・プレゼンなど)

・注意深く確認しているのに、ケアレスミスが多い。

・同じミスを繰り返す。(経験が積み上がっていかない)

・仕事の内容が覚えられない。聞いてもすぐ忘れてしまう。

・仕事に集中できない。すぐに違うことが気になってしまう。

・人から頼まれた仕事を断れない。

・仕事を抱えすぎてしまう。

・チームで仕事を進められない。人にうまく指示をして動かすことができない。

・職場での人間関係がうまくいかない。

・仕事をコツコツと積み上げていけない。

・自分も能力が正当に評価されていないと感じる。


家族関係

・家族間でうまくコミュニケーションが取れない。

・家庭内暴力がある。(身体的暴力、暴言、ネグレクト)

・秘密が多い。

・引きこもり、不登校。

・子どもに対してどう接していいかわからない。子どもを愛せない。

・配偶者の家族とうまく付き合えない。

・ママ友との付き合いがうまくいかない。


依存症

・アルコール

・薬物

・ギャンブル

・買い物

・配偶者・パートナー・親・子どもなど特定の人物に対して

・恋愛


以上のことがらに当てはまる項目があれば、その症状の裏にはトラウマが隠れている可能性があります。


次回は、トラウマからの回復のプロセスについてご紹介したいと思います。


メニュー一覧
FAPカウンセリング→http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/26859735.html
お申込みはこちら>>お申込みフォーム

心にきくマンツーマンレッスン→http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/26947442.html
お申込みはこちら>>お申込みフォーム

※お申し込みくださいました方にはumarijima@gmail.comよりご案内メールを差し上げております。
お申し込み後に案内メールが24時間以内に送られてこない場合は、迷惑メールボックスをご確認ください。それでも届いてない場合は、お手数ですが上記のアドレス宛にご連絡いただきますよう、お願い致します。 

ホームページはこちらから→http://la-dolce-vita.strikingly.com/
※FAPカウンセリングや心にきくマンツーマンレッスンのご案内をしています。

LINEブログはこちらから→http://lineblog.me/ladolcevita
こちらでもブログを書いています。

Facebookはこちらから→https://www.facebook.com/yukie.jinno.7
※友達申請はお気軽にどうぞ




ぽちっとよろしくお願いします♡


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

こんにちは。
大阪でFAP療法によるカウンセリングを提供しているカウンセラー神野ゆきえです。


豊かなお金持ちになるための方法を前回に引き続き書いていきたいと思います。


前回ご紹介した「心にきく」をしていくその目的は、本来の自分に戻ること。
周囲から入れられた暗示(例えば…あなたは人見知りだからと小さい頃から言われて、自分でもそう思っているとか)や思い込みから解き放たれるために、心に自分が本当にやりたいことや本当の気持ちを聞いていきます。
その通りに行動していくことで、本来の私たちにどんどんと近づいていきます。
そして本来の自分になればなるほど、チャンスや豊かさが向こうからやってきてそしてそれをきちんと自分の物にできるようになっていきます。


今回は、この「心にきく」以外で本来の自分に戻る方法をご紹介します。


①呪文を唱える

大嶋信頼先生の著書にたくさん掲載されていますが、その時々の症状にマッチした呪文(例:算数障害の享受など)をインストールされるまで唱えまくると、症状が治まってきます。


本来の私たちは何も欠けたところがないのですが、環境や他人、トラウマ・支配の影響によってさまざまな問題があるように思わされています。
その思わされている原因や引き起こされている症状を、呪文によって自分の中から排除していきます。


合っている呪文の見つけ方ですが、気になる症状(例:お金がなくなりそうで不安)を思い浮かべて、その時の感覚や感情をじっくりと観察します。
その状態のまま、これだと思う呪文を7回ぐらい口頭か心の中で唱えてみます。
唱え終わったら、さきほど体感した不安な状態を思い浮かべてみます。


思い浮かべようとしてもそれができなければ、その呪文が当たり!です。
唱えたらなんだかモヤっとする、よけいに不安になったりイライラするようなら別の呪文を探してみましょう。
「心にきく」ができる方でしたら心にどの呪文を唱えたらいいかを聞くことが、一番手っ取り早くて確実です。


②FAPカウンセリングでさまざまな影響を切る


FAP療法も「心にきく」と同様、環境や他人、トラウマ・支配の影響から解き放たれて本来の自分に戻ることを目的としています。
だから本当は、「心にきく」が自分に戻るための一番の方法なんですが(自分一人でいつでもどこでもできるから)、トラウマを負っていたり支配の影響が強いと、心と上手く繋がることが難しいことがあります。


そこで、そのトラウマを治療するためのFAP療法で本来の自分に戻ることを強力に押し進めます。
意識で「やめなければ・やらなければ」と思っていてもなかなか行動できなかったことが、個々人にオーダーメイドのようにぴったり合った遺伝子コードを唱えたり、トラウマを統合していくFAPカウンセリングを受けることによって、自然と自分らしい行動を取れるようになってきます。


また、トラウマから回復してくると、快・不快の感覚や自分が本当に求めていることがクリアにわかるようになってきます。
また、自尊心が適切なレベルにまで確立されるので、自分が損をしたり貶められたりする状況にすぐに気づき、そこからすぐさま離れられるようになります。


自分を守るためや高めていくための行動を重ねていくと、気づくと周囲に豊かな環境が広がっていることに気づきます。


以上の2つのいづれかと「心にきく」を組み合わせていただくと、本来の自分に戻ることが非常に早く、そのため、周囲の環境の変化のスピードも早くなってきます。
そして一度無意識さんの力を借りて自由になると、その変化は止まらなくなってきます。


ここまできたら、後は自分の好きなように生きていくだけです。
淡々と自分のためだけに生きて、「豊かなお金持ち」に向かっていってくださいね。


メニュー一覧
FAPカウンセリング→http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/26859735.html
お申込みはこちら>>お申込みフォーム

心にきくマンツーマンレッスン→http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/26947442.html
 お申込みはこちら>>お申込みフォーム

※お申し込みくださいました方にはumarijima@gmail.comよりご案内メールを差し上げております。
お申し込み後に案内メールが24時間以内に送られてこない場合は、迷惑メールボックスをご確認ください。それでも届いてない場合は、お手数ですが上記のアドレス宛にご連絡いただきますよう、お願い致します。 

ホームページはこちらから→http://la-dolce-vita.strikingly.com/
※FAPカウンセリングや心にきくマンツーマンレッスンのご案内をしています。

LINEブログはこちらから→http://lineblog.me/ladolcevita
こちらでもブログを書いています。

Facebookはこちらから→https://www.facebook.com/yukie.jinno.7
※友達申請はお気軽にどうぞ




ぽちっとよろしくお願いします♡


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村 

こんにちは。
大阪でFAP療法によるカウンセリングを提供しているカウンセラー神野ゆきえです。


FAP療法の開発者、カウンセラー大嶋信頼先生のブログ(→http://insight-fap.jugem.jp/)では、しばらく前から「お金持ち」がテーマになっていますね。


今日ブログを書こうと思って無意識さんに何について書くか聞いてみると、「お金持ちになる方法!」と答えが返ってきました。


そんな方法を知ってたら私が真っ先にお金持ちになってるわ!と思いつつ…
私も気になるので、無意識さんに聞きながら書いていきたいと思います。


お金持ちになることを阻む要因は、身体的な要因、精神的な要因、人格的な要因、社会的・家族的な要因、コミュニケーションに関する要因のいづれか(全部もあり得ます)に分類されます。


その要因があるとどうなるかというと…
その人にとって、不適切な行動をしてしまいます。


ちょっとまとまったお金が入ると、気が大きくなって大盤振る舞いをしてしまう。

お買い物に行くと、つい必要でないものもたくさん買ってしまう。

ストレスが溜まってくると、買い物で発散してしまう。

アルコールや恋愛・仕事など特定の対象物に依存してしまう。

などなど…


これらが本当にその人にとって不適切かどうかは、意識で考えても答えは出ません。
なぜなら、意識は周囲の環境や他人の思惑、ホルモンやスイッチオンになっている特徴的な遺伝子の影響を受けてそれに振り回されているからです。


本当の自分の気持ちを知っているのは無意識さんだけ。
本当の自分の気持ちのままに行動することが、その人にとって一番適切で自然なことなのです。
そのまま自分の心に従っていけば、「豊かなお金持ち」になっていくことができます。


じゃあどうやって無意識さんの「本当の気持ち」を知るのか。
とってもカンタンでわかりやすい方法があります。
それは、「心にきく」ことです。


心(=無意識さん)は、今まで私たちが見て聞いて感じたことすべてを覚えていてくれています。その膨大な知識や経験、情報量から意識では思いつかないアドバイスを私たちに教えてくれます。
また、意識が影響を受けている周囲の環境や他人の思惑は無意識世界には届きませんので、自分の本心を知ることができます。


この心にアクセスをして、自分自身にとってベストな道を教えてもらおうということが「心にきく」目的です。


何度かブログで「心にきく」について書いておりますが、今回改めてやり方をご紹介しようと思います。


「心にきく」やり方

大前提:質問文の前に必ず「心よ!」と付けること!これさえ忘れなければ、どんな質問をしても構いません。


①まずは自分と心の間に邪魔がないかを確認する。
「心よ!私(一人称は好きな言葉づかいで大丈夫です。あたし、俺、僕など)と心の間に邪魔がありますか?」

なんとなく返事がきたら、それを心の答えとしてください。
「ない」と返事がきたら②へ進んでください。
「ある」と返事がきたら、「心よ!その邪魔を排除してください。排除できたら教えください」とお願いしてください。

邪魔が取れたと返事がきたら②に進んでください。

※「邪魔」とは…私たちが心と繋がることを妨げようとする働き。支配者さんが私たちが自由になることを阻むために、邪魔をしてくる。詳細は以下を参照してください。(3つの真実のタイプについて→)


②心に、自分と繋がってくれるかきいてみる。
「心よ!私を助けてくれますか?」

YESの返事がきたら、③へ進んでください。

返事がなかったり、NOと答えてきたあるいはネガティブな言葉がきこえてきた時は①に戻ってください。


③心に聞きたいことを聞いてみる。
例)心よ、私は今日何をしたいですか?

返事が来ない場合は①に戻ってみてください。


④心の返事の通りに行動してみる。

始めは、心の言う通りに行動することに対して意識が激しく抵抗をするかもしれませんが(やったって意味がない、そんな方法は怪しすぎる…などいろいろな理由をつけて止めさせようとします)、できることからでいいので、ぜひ試しにやってみてください。


ちなみに…
心からの返事は言葉だけでなく、体感や映像など様々な形で返ってくることがあります。
この方法で返事くるはず!と決めつけずに、ご自分の感じたものを信じてみてください。
そうやって心との会話を重ねていくと、返事の仕方が変わってくると思います。


さて、心からの答えがわかるようになってきたら今回のテーマである「豊かなお金持ちになる方法」を心に聞いてみましょう。
返事が返ってきたら、このブログのコメント欄にぜひ書き込んでみてください。
それぞれのお金持ちになる方法はどのようなものでしょうか。
楽しみですね!


なお、「心にきく」が上手くできない、心の答えかどうか自信がないという方は「心にきくマンツーマンレッスン」をオススメします。(詳細はこちら>>http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/26947442.html
みっちり90分間、心との繋がりを強くするためのプログラムになっています。
邪魔が強くて聞けない場合は、「FAP初級バージョン」を使って聞きやすくなるように治療いたします。(スムーズに聞ける方は1つのテーマをピックアップして治療します)

聞けないと悩んでいた方でも、レッスンの終わりにはみなさん心の答えをしっかりキャッチできるようになっています。
心と会話をしてみたい、心との繋がりを強くしたいという方はぜひ受けてみてください。



メニュー一覧
FAPカウンセリング→http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/26859735.html
お申込みはこちら>>お申込みフォーム

心にきくマンツーマンレッスン→http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/26947442.html
お申込みはこちら>>お申込みフォーム

※お申し込みくださいました方にはumarijima@gmail.comよりご案内メールを差し上げております。
お申し込み後に案内メールが24時間以内に送られてこない場合は、迷惑メールボックスをご確認ください。それでも届いてない場合は、お手数ですが上記のアドレス宛にご連絡いただきますよう、お願い致します。 

ホームページはこちらから→http://la-dolce-vita.strikingly.com/
※FAPカウンセリングや心にきくマンツーマンレッスンのご案内をしています。

LINEブログはこちらから→http://lineblog.me/ladolcevita
こちらでもブログを書いています。

Facebookはこちらから→https://www.facebook.com/yukie.jinno.7
※友達申請はお気軽にどうぞ
 




ぽちっとよろしくお願いします♡


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村


 

こんにちは。
大阪でFAP療法によるカウンセリングを提供しているカウンセラー神野ゆきえです。


FAP療法による治療の効果は多岐にわたりますが、対人関係においてもその効果を実感します。


私は小さい頃から人の顔色を読みすぎるところがありました。
特に人が不機嫌になる時の表情には、非常に神経質と言ってもいいぐらいに反応していました。


今まで笑って話していた人が急に真顔になったり、声のトーンが急に下がったり、こちらの会話にあまり集中していないなと感じてしまうと居ても立っても居られなくなり、話を盛り上げようと機関銃のように早口でまくし立てたり、自分を貶めて笑いを取ろうとしてしまいます。


その私の焦りが伝わっているのかいないのか、相手はじゃあと言って会話を終えてしまいます。
そのちょっとぶっきらぼうなように聞こえたその声を聞いてすぐに、一人反省会が始まります。


「何か気に障るようなことを言ったかな?」
「あの時の言葉遣いがちょっとキツかったかも!」
「あの返答がまずかったかな?」
「ちょっとテンション高めでしゃべり過ぎちゃったかも〜!」


何か別のことで気が紛れている時はいいのですが、ぼーっとしている時や寝る前にリラックスしている時にも、この一人反省会タイムは襲ってきます。
こうなると、なんだか居ても立っても居られないような心地悪さを感じてちっとも落ち着きません。
どうして自分はちゃんと人とコミュニケーションが取れないんだろう?といつも悩んでいました。


悩み続けていると、だんだん人と話すことに恐怖を感じるようになってきました。


その症状が一番酷かった頃に、FAP療法でのトラウマ治療を始めました。
カウンセリングをかなり回数を重ねたタイミングで(10回以上はしていたと思います)、「あっ人の表情の動きを読み取って勝手に人の気持ちを想像してないかも!」と気づきました。


カウンセリングを受け始めてだいぶ経っていたので、「他人のことが気になる」というのは症状としてはかなり重かったのかもしれません。
今でもまだ他人が気になってしまったり、他人の気持ちを勝手に想像して不安になることもあります。まだ完全には癒えてないのかもしれません。


でも、他人が不機嫌そうにしていても以前のように神経質なほど気になることは、ほとんどありません。
他人の行動や言動などに振り回されることはずいぶん減りました。
他人がどのような気持ちであろうとそれはその人のものであって私のものではない、と思えるようになっているからです。
私の感じていることは私のものであって、他人が感じていることは他人のもの。


このように自他の間に健康的な境界線が引けることも、トラウマから回復している一つの目安になるのではないかと思います。



メニュー一覧
FAPカウンセリング→http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/26859735.html
お申込みはこちら>>お申込みフォーム

心にきくマンツーマンレッスン→http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/26947442.html
お申込みはこちら>>お申込みフォーム

※お申し込みくださいました方にはumarijima@gmail.comよりご案内メールを差し上げております。
お申し込み後に案内メールが24時間以内に送られてこない場合は、迷惑メールボックスをご確認ください。それでも届いてない場合は、お手数ですが上記のアドレス宛にご連絡いただきますよう、お願い致します。 


ホームページはこちらから→http://la-dolce-vita.strikingly.com/
※個人カウンセリングについてのご案内をしています。

LINEブログはこちらから→http://lineblog.me/ladolcevita
こちらでもブログを書いています。

Facebookはこちらから→https://www.facebook.com/yukie.jinno.7
※友達申請はお気軽にどうぞ
 




ぽちっとよろしくお願いします♡


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

こんにちは。
大阪でFAP療法を提供しているカウンセラー神野ゆきえです。


ちょっとお久しぶりになってしまいましたが、今回はPTSD(トラウマ)が引き起こすさまざまな症状について述べていきたいと思います。


なお、参考図書は以下の通りです。



トラウマの主な症状

1)再体験

トラウマとなった体験が、ふとした瞬間に自分の意思とは関係なく繰り返し蘇る。しかも、まさに今その場面に直面しているかのような心理的な苦痛や生理的な反応が出てしまう。(フラッシュバック
また、繰り返し悪夢となって見ることもある。


2)回避・麻痺

アルコールや薬物・ギャンブルに依存あるいは「人に怒る」ことで、"死の恐怖"であるトラウマとなった出来事を思い出させるようなもの(会話・場所・人物・活動など)に直面しないこと。
回避すればするほど、恐怖は増大していく。恐怖が消えないのでますます回避行動をしなければならなくなる。


また、トラウマ体験によるショックで扁桃体が怒りや恐怖に過剰反応し続けて、感覚がわかりにくいあるいはわからなくなった状態を麻痺という。

感覚に麻痺が生じているため、他者と接触していても相手の感情の機微を読み取ることができなくなり「場の空気が読めない人」という扱いを受けてしまう。

その扱いを受けてしまうとさらに"怒り"、扁桃体の活動が活発になって麻痺が進行する。この際にアルコールで酔っ払ったような精神症状が表出する。


3)過覚醒

トラウマ時の恐怖のストレス刺激が強すぎて感情記憶と状況記憶が切り離され、トラウマ時の記憶が記憶として脳に整理されず、感情記憶がフレッシュなまま脳を活性化し続ける。
"死の恐怖"の緊張がそのまま処理されずに残っているので、脳は過剰に覚醒したままになってしまう。

脳が過覚醒状態になると、頭の中には次から次へと不安や怒りを誘発するような考えが浮かんでしまう。その不安を解消するために対応を考えていると、解消されるばかりか、どんどん不安が膨らんでしまう。
それでも解消しようと考えていると不安がさらに湧いてしまい、やがてそれが怒りに変わり、憎しみへと変化していく。(この憎しみは他人だけでなく、自分自身にも向けられる)

トラウマを負った脳は"死の恐怖"を避けるために、不安を作りあげる。
その不安を確認するために、思考を使って過去や未来、そして他人のことを考えれば考えるほど、脳は刺激を受けて過覚醒状態に陥っていく。

この状態になると、ちょっとした刺激でもイライラして怒りを爆発させてしまう。そのため、物事に集中できなくなったり、不眠または眠ったとしてもすぐに目が覚めてしまったりする。


以上の症状は単一の外傷体験(シングルトラウマ〜事故・事件・自然災害など連続性のない出来事)によく見られる。


しかし、虐待やDV、いじめなどの長期にわたり反復的に被害を受けるような、その苦痛から逃れられない加害者との関係性は、単一の外傷体験とは違う症状を生み出すことが知られている。
主な症状は以下の通り。

・解離
離人体験、健忘、遁走、解離性同一性障害などが挙げられる。
簡単に言うと、「自分であって自分じゃない感覚」。相手の気持ちを想像して自分の立場を相手に置き換えることによって、自分の恐怖の感覚を感じないようにする。

・さまざまな身体症状
原因不明の体の痛みや不調を感じる。

・対人関係におけるトラブル、対人恐怖症

・強迫性障害

・感情のコントロールができない

・抑うつ感

・摂食障害

・自殺願望

・リストカットなどの自傷行為

これらは、複雑性心的外傷後ストレス障害(CPTSD)を負った場合にみられる症状群である。


トラウマそのものの記憶はなくとも以上のような症状がある場合は、その下に気づかぬトラウマが隠れている可能性がある。


次回は日常生活で感じるトラウマの影響のついて述べていきたいと思う。


メニュー一覧
FAPカウンセリング→http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/26859735.html
※お申込みはこちら>>お申込みフォーム

心にきくマンツーマンレッスン→http://liberty-cocoro.blog.jp/archives/26947442.html
※お申込みはこちら>>お申込みフォーム


※お申し込みくださいました方にはumarijima@gmail.comよりご案内メールを差し上げております。
お申し込み後に案内メールが24時間以内に送られてこない場合は、迷惑メールボックスをご確認ください。それでも届いてない場合は、お手数ですが上記のアドレス宛にご連絡いただきますよう、お願い致します。 

ホームページはこちら→http://la-dolce-vita.strikingly.com/

LINEブログはこちらから→http://lineblog.me/ladolcevita
こちらでもブログを書いています。

Facebookはこちらから→https://www.facebook.com/yukie.jinno.7
※友達申請はお気軽にどうぞ




ぽちっとよろしくお願いします♡


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

このページのトップヘ