すべては無意識とともに

私たちを常に助けてくれる無意識と対話ができる心理学メソッド「心にきく」を自ら実践しつつ、それを利用した心理カウンセリングを行っています。

無意識と対話ができる心理学メソッド「心にきく」を使った心理カウンセリングを実施しています。心に本当は何を求めているのか感じているのかきいて、周囲の環境から入れられた暗示をとき、本当の自分として自由に生きていける人を増やすことを目的としています。
心理カウンセリングは対面面接のほか、通信面接(Skype・電話)も行っていますので、遠方の方でも気軽にお受けいただけます。
ホームページはこちら→http://cocoro-with.strikingly.com

こんにちは〜
心理カウンセラーYUKIEです。


読者の方から「心にきく」についてのご質問をいただきました〜ありがとうございます!
ので、今日はそのご質問にお答えしていきたいと思います。(まぁ答えてくれるのは心なんですが。)


そうそう、「心にきく」を実践していてわからないことがありましたらご質問くださいね。
お送り先はumarijima@gmail.comまでお願いします。(FacebookのメッセンジャーでもOKです)
ブログ上でご紹介しますので(お名前は伏せます)、その旨ご了承お願いしますm(_ _)m


さて〜今回いただきましたご質問はこちら!

ーーーーーーーーーーーー

ブログを楽しく拝見させて頂いております。

ブログと「支配されちゃう人たち」などを読んでおりますが、「3つに分かれる人間のタイプ」や、心に聞きたいことを心にきいておりますが、その都度違ってしまいます。

「心よ!私と心の間にある妨害を排除してください。」と唱えてから聞いているのですが、どれが本当の答えか確信が持てずにいる状態です。

それでも、他の人の思考が入っているということになり、自分と繋がっていない状態の方が多くなっていますよね。


ーーーーーーーーーーーー

ブログをご覧くださってありがとうございます。
ではお答えしていきましょう!(心がね!)
まずご質問をちょっと整理します。

・「3つに分かれる人間のタイプ」を心にきくと都度違ってしまう。
・「心に聞きたいこと」を心にきくと都度違ってしまう。

なぜご質問を2つに分けたかは、ここから先を読んでいただくと判明します。





「3つに分かれる人間のタイプ」を心にきくと都度違ってしまう

ー心よ!きくたびに自分の真実のタイプが変わってしまうようだけど、その瞬間瞬間でタイプが変化することってあるの?

ー(心)ありません。真実のタイプは持って生まれたもの。個性。その人の輝き。

ー心よ!じゃあどうしてきくたびに違った答えがくるの?

ー(心)特定のタイプに対する憧れや思い込みが脳のネットワークを通じて支配者さんに入れられているから。それが邪魔になっている。自分の本当の真実のタイプを知られてしまうと自由になってしまうから、それを阻止しようとしている。

ー心よ!どうやったら本当の真実のタイプを知れるの?

ー(心)心にきいて。(やっぱりそこなのね〜) 


支配者・虚無・光の人。
ネーミングの印象もあるからだと思いますが、「支配者」さんをとっても恐れる人や「光の人」への憧れがある人がいます(支配者はやだな〜とか、光のひとがいい!なんかかっこいいし!とか)。そうした感情が「邪魔」となってうまくきけない、というパターンはけっこうあります。

私のブログを読んで面白がってくださる方の中に支配者さんはいないので、そういった方は「虚無か光の人」のどちらかになると思います。で、光の人は全体の0.1%しかおりませんので(支配者さん30%、虚無70%)、まずほとんどの方は「虚無」タイプになります(一応心に確認とってくださいね)。

 
心へのきき方としては、
「心よ!私の真実のタイプはどれですか?(もしくは〜ですか?と一つずつきいてもいいですね)」 
「(心)〜です。」
「心よ!〜です。と答えてくれたのは本当に私の心ですか?」
ここで「(心)そう。」と答えてくれたら心が教えてくれたタイプがあなたのタイプです。
ここで「しーん」「〜〜〜!」となったら邪魔が入っているので、心に邪魔を取ってもらって取れたらもう一度ききなおしてみましょう!
レッツトライ! 


「心に聞きたいこと」を心にきくと都度違ってしまう

では〜2つ目!
これは「心にきく」をやっていると、必ずといっていいほど疑問に思ってしまうことです。
同じ質問をしているのに心が違う答えを返してくることがあります。
さっききいた時はAって言ってたのに今きいたらBって言ってる!なんで違うの?言うこところころ変わって信用ならん!もう心にきかない!ってなりがちですよね。

では、これも心にきいてみましょう〜

ー心よ!どうして同じ質問をしているのに答えが変わるの?

ー(心)あなたに「ゆらぎ」があるから。そのゆらぐあなたにあわせて答えが変わる。あなたは常に変化している。一瞬前のあなたと一瞬後のあなたがまったく同じとは限らない。

ー心よ!答えが変わっちゃうと確信が持てなくなっちゃうんですけど。

ー(心)確信は必要ない。決まっているもの・決められているもの・確定しているものは支配者さんの領域。固定している状態はたやすく「ねばならぬ」になってしまう。「今」の最善をその時その時で選びとっていけばいい。
 
ー心よ!確信したいという気持ちは質問者さんのオリジナルの気持ちですか?

ー(心)そうじゃない。不安からきている。

ー 心よ!その不安は誰のもの?

ー(心)支配者さんが入れている。


ということで、決めたい!確定したい!というのは支配者さんの邪魔だったんですね〜

心の答えに一貫性を求めなくっても大丈夫です(一貫性を求めると支配者さんに繋がっちゃう)。
心の世界って、私たちの意識ではとうてい捉えきれないほどの深遠さがあります。その時々で答えが変わるのも心のふか〜い意図があります。そこに自力を委ねてしまって、心の声のままに動いていくということが「心にきく」においての一番のポイントになります。

心からの答えが複数あったなら、せっかくですからやってもいいなと思うことは全部やってみちゃいましょう!やっていくうちに、「あれ?この感覚‥心の答えじゃないな!」「あ、これは心の声だ」とだんだんわかってきます。


今まで自分で考えて行動するということを学習付けられてきた現代人にはなかなか難しいことではありますが(私も「心にきく」を始めた頃はそうでした!)、小さいことからやってみて、心との信頼関係を築いていきましょう。


あとアドバイスとしては、「心よ!邪魔取って〜」という問いかけから心との会話を始めるよりは、「心よ!私を助けてくれますか?」や「心よ!どこにいますか?」から始めることをオススメします。
なぜなら、邪魔があることを前提にしてしまうと、その思考をキャッチして本当に支配者さんがやってきちゃうからです!邪魔は実際に入ってから取るようにしてみましょう


最後に。
質問者さんが記してくださっているように、自分と繋がっている人って思考優位型の現代社会にはなかなかおりません。思考で生きていると、否が応でも脳のネットワークを通じて他人の思考に影響されてしまいます。他人の思考を自分のものだと思い込まされて生きている人がほとんどだと思います。虚無・光の人はそこに苦しみを覚え、生きづらくなっています。


「心にきく」は他人からかけられた暗示を解いて、自分を取り戻すことができるメソッドです。暗示を解いていく中で見えてくる世界、そこには、努力とか苦しみとか頑張るといった概念はありません。自分らしく軽やかに自由に生きていける世界です。


一人でも多くの人が本来の自分を思い出してくれたら嬉しいです。


では、今日はこのへんで!
ちゃお〜



個人セッション
お申し込みはこちらから

☆9月のセッションスケジュールはこちらから
(他にご希望の日時がありましたらお手数ですがお知らせください。umarijima@gmail.com) 




ホームページはこちらから→http://cocoro-with.strikingly.com/
※個人カウンセリングやワークショップについてのご案内をしています。

instagramはこちらから→yukie_cocoro_communicator  
※「心にきく」だけでなく、日々のいろいろなことをアップしています。フォロー大歓迎♡

Facebookはこちらから→https://www.facebook.com/yukie.jinno.7
※友達申請はお気軽にどうぞ(公序良俗に反するような投稿をされている場合は承認いたしませんので、ご了承ください。)
 




ぽちっとよろしくお願いします♡


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村 

こんにちは。
心理カウンセラーYUKIEです。


このブログで心(=無意識)の世界をご紹介いたしておりますが、少し深い話を書こうと思うと以前に書いた記事の内容だけではわかりにくい部分が出てくると思います。


どうして心に従っていくと自由になれるのか、ちょこちょこ出てくる支配者ってなに?といったところを情報として知っておくと、「だから邪魔が入るのか〜!」と納得できることもあるかと思いますので、簡単にではありますが、心の世界について書いておこうと思います。
(もっと詳しく知りたい時は、大嶋先生の「支配されちゃう人たち」を読んでくださいね!)


これを読んでどんどん自由になってっちゃってください!


人間には真実が異なる3つのタイプがある

①光の人

②虚無

③支配者

人間は以上の3つのタイプに分かれます。


これはカウンセラーがクライアントさんたちの心にきいていくうちに、どうやら人間には3つの真実のタイプがあることがわかりました。


この3つのタイプは何が違うのか。「真実」がそれぞれで違います。


光の人にとっての真実は、神の中にある無条件の愛の中に生きること。

虚無の人にとっての真実は、「愛」(=執着)は存在せず「無」であること。

支配者にとっての真実は、自らが神であり、自らの中にある愛で人を支配すること。


この世界は、この3つのタイプの人々が織りなすコントラストで営まれています。


光の人・虚無の人は、支配者さんに脳のネットワークを通じて支配され、やりたくないことばかりさせられて罪悪感にまみれて支配者さんに執着させられてしまいます。


支配者さんは、光の人・虚無の人に罪悪感を植え付け、それを自らの中にある偽りの愛で救い、その愛で人を支配します。


自らの「心」に繋がって支配者さんのコントロールから抜け出した光の人・虚無の人は、本当にやりたいことができるようになります。心の声に従ってやりたいことだけしていると、本来の自分が見えてきます。


でも、光の人・虚無の人が自由になってしまうと支配できる人間がいなくなってしまうので、支配者さんは「心の声」をきかせないようにノイズを入れてきます。

これが「邪魔」です。

自由になってほしくないから、それを阻止しようとあの手この手で「心」との繋がりを切断しようとしてきます。(そうなったら心に「邪魔」を取ってもらってくださいね〜!)


なお、支配者さんは人を支配することに喜びを感じているわけではありません。ただ、そういう役割であるだけです。誤解しやすいのは、支配的な人・威圧的な人=支配者とは限らない、ということです。


実はいじめられっこのほうが支配者さんで、いじめっこにいじめさせることで、いじめっこに罪悪感や劣等感を植え付け支配するという構図はけっこうあります。
また、支配者さんに脳を乗っ取られた光の人・虚無の人が、支配者さん的行動パターンを取ることもよくあります。


自分はどの真実のタイプなんだろう?

では、どうやって自分の真実のタイプを知ることができるのでしょうか。

この真実のタイプは、血液型と違って遺伝ではありません。親が支配者さんだから子供も支配者さん、とはなりません。


たとえば両親・一人の子供という家族構成の場合、光の人・虚無の人・支配者さんという組み合わせ、あるいは全員が支配者さんというパターンもありえます(そうよね、心よ!「そうそう!あるある!」)。


また、前述したように支配者さんは光の人・虚無の人の脳を支配して支配者さん的に振舞うようにさせることができますので、性格や行動から断定することは難しいです。


じゃあどうやって知るの?それはやっぱり‥

「心にきく」です!

「心よ!自分はこの3つのタイプのうちどれなの?」ときいてもいいし、一つずつ「心よ!私は〜ですか?」ときいてもいいですね。



生きていてどうして苦しくなってしまうのか。
それは、自分の真実(自分本来の姿)からかけ離れた生き方をさせられてしまうからなんです。
心にきいて自分の真実を知り、その真実に則した生き方をするようになると目にする世界が変わってきます。軽やかになっていきます。


やりたくないことをしかめっ面をして一生懸命やる人が、やりたいことだけをやって空を飛ぶ鳥のように自由になっていったらどうなるんだろう。
私が知っている世界じゃなくなってるんだろうな。それがとっても楽しみです。


では今日はこのへんで!
ちゃお〜


個人セッション
お申し込みはこちらから

☆9月のセッションスケジュールはこちら
(他にご希望の日時がありましたらお手数ですがお知らせください。umarijima@gmail.com) 




ホームページはこちらから→ http://cocoro-with.strikingly.com/
※個人カウンセリングやワークショップについてのご案内をしています。

instagramはこちらから→yukie_cocoro_communicator  
※「心にきく」だけでなく、日々のいろいろなことをアップしています。フォロー大歓迎♡

Facebookはこちらから→https://www.facebook.com/yukie.jinno.7
※友達申請はお気軽にどうぞ(公序良俗に反するような投稿をされている場合は承認いたしませんので、ご了承ください。)
 




ぽちっとよろしくお願いします♡


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

 

こんにちは〜
心理カウンセラーYUKIEです。


今日のタイトルは、私の心がよく伝えてくれるメッセージです。


私は小さい頃から思考の強いタイプでして、妹から「策士」と呼ばれるくらい、頭の中でシミュレートして物事を思い通りに進めることに達成感や快感(タチ悪いね!)を覚える人間でした。
(あたしって頭ええやん!って虚勢を張りたかったのかな)


で、思い通りになればまぁまだいいんですが、そうじゃなかった時ですね。
めちゃくちゃ自分を責めるんです。
「あの時ああすればよかった、こうすればよかった」
ちょっと冷静になってみれば、自分一人だけで生きているわけじゃないんだから思い通りにならないほうが多いのに、それがわかりませんでした。

こんなことを繰り返していたので、私は自己肯定感の低い人間に育ちました。
自己肯定感が低すぎて、反動でやたらと自分を大きく見せたがるところがありました。
自分はなんでもできる人間だと思わせたくて、人に頼ったり甘えたりすることがまったくできず‥
人に頼る=自分はできない・足りない人間です。って言ってるみたいで、どうしてもできなかった。
できない・足りない・弱い部分がない人間なんていないのに、完全無欠であろうとしていました。


自分一人でもできるプランをシミュレート→一人でできることにはどうしても限界があるので、失敗する→自分を責める→日々のことや仕事のことに追い立てられてそのまま→最初に戻る


自責の念・罪悪感は澱のように溜まっていくんですねぇ〜
なんとなく忘れられてた罪悪感は、退職する頃には私の思考をほぼ占拠していました!


で、「心にきく」を知ってちょっとたった頃。
「心よ!今、私に伝えたいことってありますか?」ときいてみました。特定のききたいことがなかったので、思いつくまま。


心からの答えは、「そんなに自分を責めないで」。


そのとき私は、「あぁ、これを誰かに言ってもらいたかったんだ」と気づきました。
その言葉をきいたときに、ふっと肩の力が抜けたのがわかりました。
背伸びしていない本来の自分ってこういうことか〜って初めて実感できた気がします。


そして、これが心の答えだと確信できたのはその優しさゆえでした。


心は裁いたりダメ出しをしたり、傷つけるようなことは決して言いません。
常に私たちのことを見守り、良い方向へ導こうとしてくれています。


心とたくさんたくさん対話をしていくと、今まで私をがんじがらめにしてきた鎖が外れていきます。
これでいいんだって思える瞬間がどんどん増えていきます。
いろんな暗示を解いて私は今自由になっていってるんだ!それを実感できるのがとっても嬉しい瞬間です。


では、今日はこのへんで〜
ちゃお〜




個人セッション

お申し込みはこちらから!

9月のセッションスケジュールはこちら!
(記載している日時以外をご希望の場合は、お問い合わせください→umarijima@gmail.com) 



ホームページはこちらから→http://cocoro-with.strikingly.com/
※個人カウンセリングやワークショップについてのご案内をしています。

instagramはこちらから→yukie_cocoro_communicator  
※「心にきく」だけでなく、日々のいろいろなことをアップしています。フォロー大歓迎♡

Facebookはこちらから→https://www.facebook.com/yukie.jinno.7
※友達申請はお気軽にどうぞ(公序良俗に反するような投稿をされている場合は承認いたしませんので、ご了承ください。)
 




ぽちっとよろしくお願いします♡


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村




このページのトップヘ